幽霊が視える人の夏休み

【PR】実際にみぽぽも霊視して頂きました。

凄腕と判断した霊能者のみ紹介しております。

3名とも1番人気です!

🎉初回の方は3000円クーポン付き🎉 ⬇︎⬇︎⬇︎

夏は出会いの季節ですね。

関東にお住まいの方は、行ったことありますか? この体験をしたのは

鎌倉市の由比ヶ浜です。

行った当日は海に入って数秒で体調が悪くなり、耳鳴りも酷かったので速攻で撤収いたしました。

↓この次は霊感の強い友人の体験談です。(マサイ族の回で出てきた方です)

この友人いわく、お盆期間は霊の交通渋滞が起きていることがあるそうです。

私のご先祖がおとなしいのか。。?私はこのような経験はありませんが、この友人はお盆の3日間は夜眠れないそうです。(先祖様の宴会で。しかも祖父母先祖、別々に宴を開催してるそうです

どのような供養が正解かは、私にもわかりません。ただ、現在の日本の価値観や習慣とは別に、霊たちの生きていた時代を配慮した考えも必要なのかもしれません。

夏になると、太平洋戦争時代の霊に遭遇します。

現在、読者の方でいろんな悩みを抱えている方もたくさんいらっしゃると思います。

いきなり明日、戦争が起きたらその悩みはどうなるでしょう。。?

美味しいご飯食べられますか? 家があって、眠る布団がありますか? 空襲警報は鳴りませんか?

いまこの日本で暮らしていることは、世界的に見ても恵まれていると私は思います。

ご覧頂きありがとうございました。

【PR】霊感の強い方の味方。旅行にはミスト+粗塩で安心。

【PR】ココナラの占い師情報です(6月ランキング)▼

【第1位】鑑定歴30年のプロ占い師 雷鳥 さん

「鑑定歴30年のプロ占い師が真剣占います」

【第2位】佐和ダウジング&スピリット さん

「スピリットの声を聴き、お悩み解決致します」

【第3位】Rosalia Rubino さん

「西洋×東洋×霊視ハイブリッド占術で恋展開占います」

【第4位】アイラス&Plus さん

「強力霊視で人生全般のお悩みを開運鑑定します」

【第5位】toraramaro さん

「霊感霊視であなたの心を透視します」

コメント

コメント一覧 (6件)

  • 今は亡き祖父は仕事柄戦場に行くことはなかったけど、祖父の親しい友人が特攻隊で行ってしまいました💦
    80歳過ぎてからは家族の事も忘れてしまいましたが、何故か父の事をその友人だと思うようになって「◯◯くん心配していたんだよ。特攻隊で行ってしまったけど無事で良かった」って会うたびに言うのです💡😲もしかしたら、前世がその友人だったのかな?と思う不思議な体験でした😌
    天国で友人と会えたかな?🛩😊

    • 感想ありがとうございます。

      輪廻転生はそんなに早くないと思うので前世ではないと思いますが

      祖父さんにとっては忘れられない出来事だったのかと思います。

      今とは価値観が違いますが

      その当時の強い想いがあったのだと思います🙏

  • 特攻隊の幽霊の方、みぽぽさんに見つけてもらえて、やっと胸をはって出撃できたんですね… 次はきっと、平和なところへ来てくれると良いですね…

    • コメントありがとうございます☺

      ずっと出撃待っていて成仏出来なかったようです。

      成仏したら家族や仲間たちと幸せな時間を過ごして欲しい思いました🙏❤️

  • はじめまして、
    「私見送ります。出撃されますか?」
    はさすがです(ToT)
    戦争終わりましたよってだけで終わってしまいますよね普通?は(ToT)なんだか衝撃でした。
    私は目で視るというよりはインスピレーションで映像化されるタイプ(今はほとんど視えない、視ないようにしている?)なんですが鎌倉のお話を読んで、ずいぶん前に湘南の民宿に泊まった時の出来事を思い出しました。
    ずぶ濡れの女の人が部屋に入って来て、慌ててネタ振りしてたけど案の定の金縛りに笑
    翌朝一緒に居た霊感の強い友人になんか話しかけられてたけどなんて言ってた?って聞かれて。私は霊の声とかあんまり聞いたことないのでなにを訴えられたのかは謎。笑。私は落ち武者や戦争で亡くなられた方にはあまりあったことがなくて、みぽぽさんは道まで聞かれるなんてなんだかすごい話しだなぁと楽しく読ませて貰ってます。次回も楽しみにしています。

    • のんさん、こんにちは!

      ブログ読んで頂いて嬉しい限りです。

      私も映像で視えないときもありますよー

      なんとなく感じる。で終わる時もありますが

      鎌倉はとても苦手です🫢

      のんさんも霊感強いと思いますのでお身体お大事にして下さいませ。

      ありがとうございます!

コメントする

目次